● そこで大事にしたい事は、何かを考えたい

o0550023113523509906

 

さて、この画像の中で、特に注意したいのは、どこだと思いますか?

 

右手、1小節第2拍から第2拍への「そ(ファソ)〜〜そ そ」と、

1小節目終わりの「ふぁーーみ」から、次の小節はじめの「ミ」です。

 

同じ音が繰り返される時は、本当に注意が必要です。

 

これは、自分が出している音に、耳を傾けられないと、自分で弾いているのに、全く気付きません。

「そ(ファソ)〜〜そそ」と聞こえるのと、「そ(ファソ)〜〜そ」と聞こえるのは違います
「ふぁーーみみーー」と聞こえるのと、「ふぁーーみミーー」と聞こえるのでは、かなり耳あたりが違います。

 

もし、そこまでのアプローチが同じだとしたら、ここで2方向へ分かれます。

これも、究極は「嗜好の問題」かもしれませんが、そうではないかも、しれませんね。

 

さぁ、もっと注意深く 聴いてみましょうか。

どう、聴かせたいのでしょうか?

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。