● 欲しい音を想像して、創造する

o0550041513539135423

 

あなたが欲しい音、聴かせたい音はどこにあるでしょう?

一番大事にしたい音のラインは、どこなんだろう?

考えてみて。想像してみて。

 

その大事にしたい音のライン、他の音たちよりも、「聴こえれば」いいのかしら?
ただ、出ていればいいのかしら?

 

違うよね。
じゃ、どんな風に「聴きたい?」かしら。

 

短い音価と長い音価の2つの音が続いている。
それが同じ音・繰り返される音だと余計に、自分で思っているよりも、キツイ音が出やすいの。

 

もう一度、想像してみて。
その音(の響き)は、本当にあなたが想像した音?欲しかった音かしら?

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

じゃあ、どうしたら欲しい音になると思う?

考えられるなら、試行錯誤してみてごらん。

 

「その音を、出したい!」って思うから、音が尖ってしまうんじゃない?

トンカチを叩くのとは、ちょっと違うよね。

 

一つの方法。

指先の「点」で弾くのを、やめてごらん。
もう少し、「腹(面)」を使ってごらん。

 

そしてね、全てを同じにしないで、一つずつ変えてみる。

「腹」で打鍵するのでも、その時に意識する所が「てのひらの中心」なのか、「親指の付け根」なのか、「内肘」なのか、「脇の下」なのか「鎖骨のあたり」なのかでも、ずいぶん変わってくるよ。

 

いろいろやってみること。

なんでも、「内側から外へ」出す。「外から外へ」じゃ、ないよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。