● スラーを正しく捉える

o0550014813555789429

 

スラーの意味は何だろう?
スラーが付いている というのは、どういう事だろう?

 

何故、そこで スラーは終わって、
何故、次の音からまた、新たにスラーが付いているのかな?

 

スラーは、レガートで弾く、という事。

この音と次の音は仲良しで、ちゃんとお手手をつないでるんだよね。

 

でも、そこでスラーが終わるという事は、

「あ、ごめんね、ちょっと待って。鼻がカユイ!」

(例えがイマイチですが・・・)

 

大事に、そっと手を離すように。
決して振り切るのではなく、ね。

 

およそ、4小節で一つのフレーズではあっても、その中にある細かい(短い)スラーは、こんな感じ。

だからね、スラーの変わり目で、手は一度、そっとでもいいから、ふわっと上げる。

 

作曲家さんも、なんとなく、お飾りでスラーを「乗っけてる」わけじゃ、ないのよ。

楽譜を読む、というのは、こんな事も読み取って理解する、そしてそれを実行する、という事。

大事にしようね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。