● スラーを正しく捉える

o0550014813555789429

 

スラーの意味は何だろう?
スラーが付いている というのは、どういう事だろう?

 

何故、そこで スラーは終わって、
何故、次の音からまた、新たにスラーが付いているのかな?

 

スラーは、レガートで弾く、という事。

この音と次の音は仲良しで、ちゃんとお手手をつないでるんだよね。

 

でも、そこでスラーが終わるという事は、

「あ、ごめんね、ちょっと待って。鼻がカユイ!」

(例えがイマイチですが・・・)

 

大事に、そっと手を離すように。
決して振り切るのではなく、ね。

 

およそ、4小節で一つのフレーズではあっても、その中にある細かい(短い)スラーは、こんな感じ。

だからね、スラーの変わり目で、手は一度、そっとでもいいから、ふわっと上げる。

 

作曲家さんも、なんとなく、お飾りでスラーを「乗っけてる」わけじゃ、ないのよ。

楽譜を読む、というのは、こんな事も読み取って理解する、そしてそれを実行する、という事。

大事にしようね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!