● スラーの終わりに向けて

o0550041513564186241

 

画像の右手のお話です。

 

「ファーーソラソー」までで、スラーが終わります。

スラーの終わりの音は、「大事に弾く」とか、「置かない」「押して弾かない」ということに注意します。

 

もう一つ、このように、スラーの終りの音の前に、音価の短い音が続いて、音価の長い音で終わる場合です。

画像に書き込みがありますが、「そうっと」。

あるいは「ふわっと抜くように」。

16分音符が続いて4分音符で終わると、危険なのは、「落ちやすい」ということ。

打鍵が落ちやすい。
打鍵と同時に手全体、もしくは手首から落ちやすい。

 

すると、大事にできません。

ぶっきらぼうな、硬い音が出てしまいます。

 

書き込みの「そうっと」というのは、私の当時の先生が書いたもの。

私の書き込みと違って、本当に「そうっと(大事に)弾いてね」というのが、この字体から伝わってきます。
(私の場合は「そっとって言ってるじゃん!」みたいな、ガサツな走り書きになってしまう・・・汗)

 

スラーの終わりの音は、「そうっと優しい気持ちで」大事に弾きましょ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。