● 和音トレモロが、ぐちゃぐちゃになるのを、解決する方法

o0800029212231422661

 

「トレモロ」とは・・・
トリルのように、複数の高さの音を交互に小刻みに演奏すること

 

「和音トレモロ」とは・・・
単音ではなく、和音と和音、あるいは、和音と単音を交互に
トリルのように小刻みに弾くこと
を言います。

 

例えば、トリルならば、「ミ」にトリル(tr.)が付いていたら、

「みふぁみふぁみふぁみふぁ・・・・」

と弾きますね。

 

トレモロなら、それぞれの曲・フレーズによって違いますが、

「みしみしみしみし・・・」とか
「そどそどそどそど・・・」とか・・・・。

 

和音トレモロならば、

「ドとミ」の和音+「ソ」を交互に速い音符で弾く、とか
「シとレ」の和音+「ファとソ」の和音を交互に速い音符で弾く、などです。

 

 

o0800029212231422661

これは、リスト「エステ荘の噴水」の一部です。

 

この画像での和音トレモロは、
画像1小節目だと(右手)「ミとソ」の和音+「ラとド」の和音を交互に。
画像2小節目だと「シとド」の和音+「レとソ」の和音になりますね。

 

 

● 和音トレモロの弾き方

 

さて、問題の「和音トレモロの弾き方」です。

和音トレモロは、弾きにくいこと、この上ないでしょう。
弾き始めはまだ良いかもしれません。
しかし、これが、だんだん、指が自分の指とは思えないほど、
バラバラになっていくのです。

 

和音が和音でなく、ずれていきます。
次第に腕が重くなっていきます。
漬物石でも乗せられているかのように(重!)。

そして段々、しびれてきます・・・あー・・・

そんな事を経験したことはありませんか?

 

なぜ、指はバラつくのか。

 

o0800029212231422661

 

では、上の画像の1小節目の和音トレモロを例にしましょう。

 

「ミとソ」を1と2の指で、「ラとド」を3と5の指でとることになるでしょう。
(私はその指使いです。)

 

大事なのは、
「全ての音をきちんと鳴らそうとしないこと!」

意識の問題ですよ。あくまでも。

 

あなたの意識は、2と3の指だけにもっていきましょう。

感覚としては「そらそらそらそら・・・」と、ソとラだけを
トリルで弾く
・・・と 強く思うことです。

 

1の指と、その1の指で弾く「ミ」の存在は、忘れましょう。
(あくまで、意識の問題です。)

何故かと言うと、1の指の存在を忘れないと、1の指を脱力できないからです。

 

打鍵は、鍵盤の底までしっかりと打鍵しなくても発音されます。

 

ですから、1の指の存在を忘れる事によって1の指は脱力され、
それはすなわち、手首や肘、上腕・肩まで全てを解放する事ができる
のです。

それができたら、あぁ、なんて和音トレモロが軽く弾けるのでしょう!

   と、感じて頂けるはずでしょう。

 

では、もし、その和音トレモロの音が・・・手で
5と3の指で「ミとソ」を、2と1の指で「ラとド」を交互に弾くとしたら。

 

5と1の指の存在を忘れましょう。
3と2の指の「ソとラ」のトリルだと思い込みましょう。

 

5の指も1の指も交互に<運動しなければいけない>と思うと、
手全体の動きが非常に大きくなります。

運動量が増えるわけです。

 

しかし、3と2の指だけのトリルだと思えば、手全体の動きは
最小で済みます。

 

5と1の指は、同じ手にある付属品(と言っては何ですが)、
黙っていても、3と2の指の交互の動きに付随して来ます。

 

さぁ、これで和音トレモロも克服できる事と思います。

どんな曲にも、難関なところが一カ所や二カ所は あるものです。
どうやったら、そんな難しそうな所を、ラクに弾けるかな?
と考え、納得して打破できたら、もっともっと楽しくなりますね♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。