● 一人二役を、演じきる

o0550028313597198200

 

この画像では、左手がメロディになっているところですが、左手にメロディが来るから難しいのでは、ありません。

たとえ、右手がメロディで、左手は伴奏型であっても同じことなのです。

意識の問題なのです。

 

ピアノは、二声や三声などの多声音楽ではなくても、このように「メロディvs伴奏」でも、一人二役をこなさないといけません。

頭一つなのにー!

なんだけど、ね。

 

スラーの切れ目、休符が入っても、指がそのまま鍵盤に置かれていたりする。

「そこで息を吸う」

 

歌うなら?リコーダーを吹くなら?

 

指だけ動かさないで、いつも、意識しよう。

どんな歌なのか、教えてあげようね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。