● 背中の羽根を、広げて弾くのは、脱力に繋がる

o0500050013605451971

* Angel’s Touch * by pareeerica

 

背中に羽根が生えている、と想像できると、良い事が二つ。

一つはこちらの記事で書いたように、「幸せ感」が得られます

 

心が満たされていると、自然と頬は緩み、体の力みが取れます。

 

息を止めていたり、不安に駆られる事はありません。

 

 

もう一つは、「姿勢」が改善されます。

 

「姿勢を良くして!」 とか、

「力を抜いて….」と言われると、体は逆の事をしたがります。

ん?また姿勢が悪かったかー!

と思うと今度はシャキーン!と背筋を伸ばし過ぎる。

背中(背骨)が真っ直ぐの状態だ という事は、不自然なのです。

 

真っ直ぐにしたつもりが、胸が反っている。

息をちょっと吐いた状態が、いい。

前傾しすぎず、反らずに ね。

そんな時も、「背中に羽根が生えている」ことを想像するだけで、力は抜けて、柔らかく上半身を使えるようになるでしょう。

 

是非、「背中に羽根」を 想像してみて下さい♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。