● 何だか繋がっていない、と思ったら、指づかい考察!

o0550018813607152595

 

手、3小節にわたってスラーが続いているのに、なぜか切れてしまいます。

小節が変わるところで切れる、ということは、左手の動きに右手がつられてしまうコトも考えられます。

でも、そうじゃないのかもしれません。

それは、音階だから。

 

音階の指使いは、基本がありますね。

でも、いつもその指使いだとは、限らないのです。

このフレーズのように、素直に上昇するだけ、下降するだけではなく、ひねりが入っていると、どこかで指の使い方を調整しなければなりません。

 

だから、弾けているつもりでいても、何かがおかしい、というコトが起こります。

それを見つけるためにも、いつも自分が出す音には敏感になっていないとね。

 

そして、思い込みを手放す。

ちゃんと読んでいるつもりが、勘違いしてた、というのも、よくあるコトですね。

何だか繋がってない感じ?と思ったら、指使いをもう一度、見直して考えてみましょう。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。