● 鍵盤に指紋をつけていく感じ

o0413055013614163204

 

先日のメルマガで、「指先の”点”と”面(腹)”」での弾き分けについて、少し書きました

そうしたら、東京レッスンのリピーターさんからメッセージが寄せられました。

丁度、前回のレッスンの時にも、そんな話が出たのです。

 

シャープ6個の調の曲を、指の腹で弾く→指で鍵盤をなぞっている感じですね。
指紋をつけていく感じ。ミスタッチ減っている!!

わー!嬉しいなー。ミスタッチが減ったって、物凄い効果ですよね。

目に見えるような、分かりやすい変化です。 すごいわ~。

そう、「鍵盤をなぞる」と、私も言うのですが、彼女は更に

指紋をつけていく感じ」と表現しました。

それはかなりの「面」を使ってる感じがしますね!

意識して面を使うわけですから、それがミスタッチ軽減につながる。 良い事です。

点でも面でも良いし、いろいろありますが、「どうやって打鍵するか?」という所に意識を置いて弾けば、打鍵への準備は早くなるし、ミスタッチは減りますね。

これは確かにそうだと思います。

とっても嬉しかったので、シェアさせて頂きました♪

ありがとー!Yさん♪

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!