● アルペジオを外さないで弾けるようにする方法

o0550030013615787125

 

アルペジオが続くフレーズは、少々厄介です。

自分では気を付けて弾いているつもりでも、どこか音が外れてしまう。

なんでだろう?

と思った経験はありませんか?

 

音を外す。

それは、いつも違う音でしょうか?

よーくチェックしてみると、(自分としては)意外なことに、外す音は同じであることが多いでしょう。

「音が外れる」のではなく、自分から「音を外している(外す動きをしている)」のです。

外してしまう音がどれかがわかったら、次に考える事は?

 

なぜ、外してしまうのか?
なぜ、外れてしまうのか?  です。

 

上に例として載せた画像。

「ファドドラ」「ファファドラ」「ラファドド」

この音型で外しやすいのは、2拍目の「ファファドラ」の「です。

 

2段上に、1拍ずつ「ファドドラ」「ファファドラ」「ラファドド」と書きました。
しかし、捉え方(グルーピング)としては、同じ方向での動きとして、

「ファド」「ドラファ」「ファドラ」「ラファド」「ド・・・」と、捉えます。

 

そうして見た時、

「ドラファ」の「ドラ」は「6度音程」、

「ファドラ」の「ファド」は「5度音程」。

「ラファド」の「ラファ」は「6度音程」ですね。

 

音程が異なるのに、指づかいが全て同じ「1→2」で取るならば、その開き具合を変えなければ、外れない方がおかしい。

これが、落とし穴。外れる原因です。

 

原因がわかったら、そこは意識すれば外れなくなります。

何においても、原因を追求して、意識する。

それが克服する近道だと思います。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。