● ピアニシモで音を出そうとするとビビってしまうのを、何とかする方法

o0500033312615315152

photo by Biappi

 

「ピアニシモ・フレーズでビビってしまう」のをコントロールしたい。

 

生徒達がレッスンに来て、時々言うことがあります。

「おうちで練習するより音がよく出るので、ビックリする!」

 

アップライトとグランドの違いもあるでしょうし、部屋の環境(造りによる響き方)に違いもあるでしょう。

そこで、「これだけ音が出るピアノだから」と、ピアニシモ・フレーズになると、ビビっててしまうんですね。

それで、「恐る恐る打鍵して」音がかすれたり、「自信、全然ないんです!」っていう音が出てきます。

 

例えば、言葉だったら

「つらいの・・・」

と、苦しさまじりに口をついて出てしまうのに、同じ気持ちで弾くフレーズだったと仮定して、

「つ・ら・い・の。」

と、ひらがなが ようやく読めるようになった子供が、一文字ずつ指して、声を出しているような音になります。

 

つまり、「言葉」にはなっておらず、「一字(一音)」ずつ分割されてしまう。
そんな音。

スポンサーリンク

では、どうしたらいいでしょう?

 

まず、そのフレーズを弾く前に、用意できる限りの指を鍵盤上に形作っておきます。

そして、リラックスです。

息を「ふっ」と吐きながら弾いてみましょう。
そのフレーズに合わせて、吐いていきます。

鎖骨周りや背筋、肘の力を抜いて。

 

ビビってしまっている時は、息が止まっています。
そして鎖骨周りや肘にも、力が溜まった状態になっています。

 

いきなりピアニシモで始まる曲や、フォルテの後に突然のピアニシモ、最後がピアニシモの和音で終わるという場合、是非、お試しくださいね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!