● 音程が開いているフレーズの弾き方

o0550029213625520246

 

表現力も豊かで、「難しい」という抵抗感が全くない女子高生のNちゃん。

ただ一つのお悩みは、「手が小さい」ということ。

だから、この画像の左手のように、各音の音程が開いているものが出てくると、音が「苦しい!」って言ってしまいます。

 

さて、音程が開いている場合、「手を広げる」と一言で言うのは容易いです。が。

どのように広げたら良いのでしょう?

 

無理やり引っ張るように広げる、というのは、関節も筋肉も、バリバリに固まってしまいます。

その状態で弾けたとしても、きっとすぐ、「大根おろし後」の腕のようになります。

 

「手を広げる」場合は、「てのひらの中央が開けていく感じ」で、各関節の間が広がるような感覚です。

そして手首の動きを使えば、ラクになります。

 

「引っ張るように広げて」弾いたものと、「手首を使って」弾いたものが入っています。

ご参考までに。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!