● 全ては最後まで聴き届ける事に、意味がある

o0399033113633108597

 

演奏する事において、一番大事なことは何だろうか?

 

それは

 最後の最後まで、音の行方の全てを聴き届ける事にある。

今週の生徒達のレッスンでは、そればかりを伝えていた気がする。

 

先日、同時期にピアノを習い始めて、同じ歳で、たまたまこの同じ曲をやっている子が二人。

たいていの子供達は、この曲を、最後まで指が動かせるようになるだけで、満足してしまう。

だから、どんなに最後に至るまでの過程を細かく詰めて創り上げて行っても、この最後の音を打鍵した瞬間に、まだ指こそ鍵盤から離れてはいなくても、私の顔を、意気揚々とした表情で見る。

「どうだ!」と言わんばかりに(笑)。

 

そうじゃ、ないよ。

その音の行方をちゃんと聴き届けようね!

最後の和音を打鍵したら「終わり」じゃないよ。

 

あなたの手は、その音を打鍵したら、そのまま腕が、手首が落ちてしまう。

それでは、音は落ちて終わってしまうの。

あなたの気持ちも、私の顔を観ているようでは、音など聴いていないと言っているも同然。

音が可哀想だよ。

 

手を落してしまわないで、鍵盤を掴み上げるようにして音を持ち上げて空中に飛ばしてごらん。

ほら、落したままの時と、音の出方が違うよ。
ね?聴いたらわかるでしょう?

 

フェルマータは、「1.2.3.4.」と数えるものじゃないの。
音の行方を聴きましょ。

「あぁ、いい音がふくらんでいった!あぁ、素敵♡」

って、聴きなさい。
そして、それからだよ、指を鍵盤から離すのは。

 

ちょっと大きいお姉ちゃんも、

o0500022113633108596

この休符のフェルマータは、ただ、数の分だけ「お休み」するんじゃ、ないよ。

音の無い空間を聴いて、そして、呼吸をしなさい、って事だ。

もっと大きいお姉さんはコレだ。

o0398025513633108595

何のために その音にフェルマータが付いてると思うの?

その音を、もっと味わって!

「う~ん♡」って、その音にしびれて!

 

それをしないと、次が生きて来ないよ!次につなげていけないよ。

 

そんなこんなのレッスン、結局、同じ事を生徒達に伝えているのですが、言葉で伝え、歌って伝え、弾いて違いを聴かせ、生徒が弾いてる横で大げさに呼吸をしてみせて、生徒達のレッスンが終わると、すっかり声がガラガラです。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!