● 行間を読むように、音を聴く!*その2

o0174014911789733387

 

少し前に、「行間を読むように、音を聴く」という記事を綴りました。

 

今 弾いている(出している)音から、
  次に弾く(出す)音への
  「音の空間を聴く」  

  

 

これはつまり、

・自分が出している音を常によく
 聴き続けなければならない、

・聴き届けなければならない、

という事です。

 

今、自分が出している音を聴く、その音の行方を聴く、聴き届ける、という事は、

その次の音へ「どう繋がって行くのか?」

という事を、実際に弾く前に「知る」事となります。

どんな音が相応しいのか?という事を。

 

それがわかれば、実際にどのように弾いたら良いのかがわかるでしょう。

そうすると、不必要な(無駄な)動きをする弾き方を避ける事ができます。

 

クレッシェンドと書かれているから、フォルテになったから、と言って、

・上体を鍵盤に押し付けるように近づいて行ったり
 (本人、無意識です)

・息をする事を忘れて肩から腕がガチガチになって、力で押してしまったり

という事を避けられます。

 

自分の音をよく聴くために、ピアノに近づきすぎず、「程よい空間」を持てるといいですね。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。