● 曲を「感じる」3つのポイント

o0500050013638723255

photo by ecstaticist

 

曲は、弾いてナンボ、指を動かしてナンボでは、ありません。

「感じて」ナンボです。

 

では、何を感じるのか?感じたら(感じられたら)いいのか?

「感じる」3つのポイントとは…

 

1. (今、発音した)音と、(次に発音する)音の空間を感じる。

2. 拍を感じる。
 (拍子感。何故、その拍子なの? 今、どの拍に向かっているのか?)

3. フレーズの切れ目を感じる。
 (フレーズの切れ目は「息を吸う」ポイント。
  息を吸うのは、実際に自分自身が息を吸うことでもあり、
  それに腕が連動して、実際の打鍵に呼吸を盛り込むことでもある。)

 

短いですが、以上。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。