● 複数の音のラインを同時に聴き続ける方法

o0320014613641766677

 

ピアノ弾きは、両手両足を同時に、別の動きをしなければならないので、まるで聖徳太子のようで、スゴイ!です。

えらいですよね、私たちって(笑)。
こんな大変な事を一生懸命やっています。

 

大変ですが、やるからには、出来る限りの事をやりたい。

両手を使うということは、右手と左手で、別の役割がある。のかなぁ?

 

例えば、片手は歌=メロディで、もう片方の手は伴奏。とかね。よくあるパターンですね。

また、どちらの手にも歌=メロディがあって、まるで会話のように かけあっていたり、
人の話を聞かない おしゃべりな人たちのように、どちらの手にもそれぞれの歌がある場合もあります。
(メインとサブだったり、主役二人だったり。)

 

両手で合わせて弾く時に、あなたは「何を聴いていますか?」

 

・全体として出て来る音?(なんとなく)

・メロディ?

・弾くのに必死で、聴いているか?と問われたら、聴いていない気がする?

・全ての動きを、耳が4つあるかのように聴き分けている?

 

「ちゃんと聴いています!」と答えられる方の多くは、歌おうとして、「メロディ」を聴いていると思います。

この時に、メロディではないパートの、その扱いが、いい加減になっていませんか?

 

意外と雑な扱いで、崩れていたり、音がいい加減になってしまう。

けれど、あなた自身は「メロディ」を歌うこと、それを聴くことに集中しているので、その他の事に気づきません。

 

このような時には、「メロディ」ではないパートを「聴く」「聴こうとする」ことで、かなり改善されます。

聴覚の、使っていない部分を活動させるような感じですが。

スポンサーリンク

メロディは、聴いています。

でも、あなたが そのメロディをしっかりと、呼吸を伴って歌って弾けているのなら、そのメロディを歌いつつ、他のパートを、こちらを「聴こう!」と意識してみてください。

 

近くでよく聴こえて来る音と、遠くにあるのだけれど、気になって耳に入って来る音を、聴こうとするのと同じような状態です。

(目の前の人との会話をしているのだけれど、少し遠くで鳥の鳴き声や、波の動きを「聴く」ような感覚です。)

 

うまくいかないものは、とにかく「聴く!」

 

自分の聴覚は、非常に意識しないと、自分に都合の良いものだけを選んで(絞って)聴こうとします。

 

たとえば、子供が三人いて
(それは飼っているペットでもよいのですが)、

その三人と散歩をする時に、手をつなげるのは二人だけ。

でも、手をつなげないもう一人の子のことも、絶えず気にして、その存在を感じるように気をつけているような、そんな感じです。

 

是非、感覚を磨いて参りましょう!

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!