● オクターブ・トレモロや、跳躍での脱力の仕方

o0320024013642401083

 

大人のあなた、諦めちゃいけません!

練習を一生懸命になってやればやるほど、突き当たる怖い壁があります。

それは、一生懸命が故、次第に体中に力が入ってしまう事。

どんな曲でも、大変な事・大変なフレーズはあります。
いわゆる大曲や難曲じゃなくてもね。

正しく理解してもらえないと、逆に力が入ってしまうのですが、「3の指に意識を置いて弾く」と、力が入るのを防ぐ事が出来ます。

「3の指に意識を置く」

3の指を使わないオクターブ・トレモロとか
(1と5の指で弾く、8度の「ドドドドレレレレ」とか)

オクターブやオクターブを超える重音での跳躍の場合です。

例えば、右手で高音側に飛ぶ場合、無意識のうちに意識が行っている所は、右手の5の指だと思います。

つまり、手・腕の外側から「えいやっ!」と飛ぼうとしている。

結果、着地点失敗になったり・・・

そして、腕は疲労三昧、大根おろし一丁上がり!な状態に。

でも、その時、5の指ではなく、3の指に意識を持って跳躍なりトレモロをすると、非常にラクに出来ます。

また、音もバタバタとした「忙しい音」を出しません。

見た感じも、指がバタつかず、「難しいフレーズなんだな」という印象を与えません。

なおかつ、弾いてる本人、ラク。

そして、テンポを上げられるようになる。

イイ事づくめ!です♪

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ある日のレッスンで、大人の女性にこれを伝授したところ、

「すっごいラクです~~!
 バタバタしないし、音を外さないし!
 しかも、これだったら、もう、いっくらでも
 テンポ上げられます!って感じがしますよ!」

と言っていました。

ふっふっふ・・・

良かったわ、わかって頂けて。

と、これを文章だけで理解してもらうのは、無理があるかもしれません。
伝わらなかったら、ごめんなさい。

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。