● オクターブでの音階を弾く時の、ちょっとしたコツ

o0500050012504278599

photo by kevin dooley

 

オクターブ・フレーズは、ちょっとツラい・厳しいと思う方が多そうです。

 

ただ8度音程での移動でも、音程が跳ぶ時や、8度音程の中にも音がある重音の時となると、手指・てのひらの事情は変わってきますね。

指/手が開く具合は、人それぞれですから。

 

それでも、もし、あなたの手/指が、

黒鍵のオクターブで「1」の指と「4」の指を使えるようでしたら、是非!使ってみてください。
(「3」も使えるなら、もっとラクになります)

 

オクターブ・フレーズを「1」と「5」の指だけで弾き続けるのは、かなりしんどいです。

でも、そこに「4」の指を混ぜられれば、かなりラクになりますよ。

音階・半音階にしろ、黒鍵を含む時は有効です。

 

ポジションの置き換えも、打鍵の仕方の変更も、フレーズの捉え方も、かなり、やりやすくなります。

 

是非、オクターブ・フレーズに「4」の指が取り入れられないか?

検討してみてくださいね。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。