● 内声は、水中に入って行くように

o0550019413648252919

 

これは、メインのメロディは内声です。

冷静になれば、内声が歌だ、と わかるのに、実際に鍵盤と向き合うと、歌はどこへ?

どこかへ消えてしまう原因は、右手にあります。

このようなアルペジオ・フレーズでは、それを「外さずに弾く」コトに、意識がいってしまいます。

すると、内声は、「ただ音を置きに、合わせに行く」だけに なってしまいます。

もう一つ あります。

右手のアルペジオを、「歌い過ぎ」てしまって、メインの歌になってしまうケース。

おーい!1人で歌ってないで、メインをちゃんと聴いてね。

で、メイン(内声)の弾き方。

ちょっと想像してみて!

あなたはプールとか海に、ざっぶ~んと飛び込みました。

一度、頭も全部、水中に入ってしまうの。

ブクブクブクって、音の聞こえ方が 変わるよね。

そして水をかいて進んで行く、上がって行く。

そんな感じです。

それを、打鍵で感じてみる。

あなたの指は、あなたの体。

鍵盤は、海またはプール。

鍵盤の中に、入って行くように。。。

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。