● 腕に力をためこまないで弾く方法

o0550013513665953274

 

こんな調子が、最初から最後まで延々と続く左手。

「もう、2ページ目くらいで、相当左手が・・・(涙)」

 

各音を「頑張って弾いている」と、腕に力が溜まってしまうのは、すぐだ。

じゃあ、どうしたらいいんだろう?

 

 

背中の肉が落ちる~~!って想像して。

肩甲骨をゆるゆるさせて。

そうしたら、肩の付け根が、広がる感覚を感じられる?

(感じてもらえました)

 

あとは、大事な音、低音や半音程や、向かっていくところなど、「より大事にしたい音」を見ていく。

それ以外は、鍵盤に這いつくばって弾かない。

 

腕は、肩から広がって、上がっていく感覚で。

 

打鍵する、弾く、という動作は、「下へ」「落ちる」だけじゃ、ない。

もちろん、最初は下へ向かい、落ちるだろう。

でも、落ちたままにしないこと。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。