● 付点音符の、付点の分の「伸び」を、味わう

o0550025513666859378

 

右手「レ|レーシ シーソ|ソーー ファミ|・・・」の「ソーー(付点4分音符)」は、このフレーズの中で、ちょっと特別♪

 

特別な理由は、2つ。

 

一つは、このフレーズの中で、「一番高い音」だということ。

もう一つは、このフレーズの中で、「一番長く伸びる音」だということ。

 

長く伸びる音は、その「伸びていく音」を、たっぷり味わうといい。

例えば、曲の終わりの「全音符」などは、割とちゃんと「聴いてもらえる音」だ。

なぜなら、最後だから(笑)。

 

このように「付点」がつく音は、「聴き届けたい音」の中でも、少し注意したい。

(なぜなら、無意識に弾かれてしまう事が多いから。
 多分、4分音符と付点4分音符の音価は、感覚的に「大差ない」と感じてしまうのかもしれない。)

 

この付点の音は、「ソーー」じゃなくて、敢えて言葉で書くなら、

ソー おー おー」というニュアンス。

 

伸びている音が、どんどん「上がっていく」「広がっていく」のを、感じよう!

聴き届けよう!!!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。