● 水風船のヨーヨーの様に、手首を使う

o0550041513668415550

 

難しいのは左手。

左手だけを取り出してみれば、全てが8分音符のスタッカートなので、シンプルです。

 

しかし、右手と左手で逆の動きをするのは、易しい事ではありません。

=右手はレガートで左手はスタッカート。

右手は指先は鍵盤から離れないけれど、左手は軽く。

まるで、ドリブルをする様に・・・

うーん・・・

 

ほら、水が入った小さい風船のヨーヨー、やったこと、ある?
(縁日の定番でしたね。今の子供達は、経験あるのかしら?とふと不安に。。。)

 

お!ある?良かった!そんな感じよ~~!

水風船のヨーヨーも、闇雲にバンバンと叩いてたら、大変なことになっちゃうよね。
割れちゃうかも?だし、

一定のリズムを持って、ぱんぱんぱんって、出来ないんじゃない?

水風船のヨーヨーを使う時って、手の状態は、どんな感じかしら?

手首は?

 

うんうん、そうそう。

その時の手首の動きと同じだよ~。

せっかく「手首」という「つなぎ目」があるんだから、そこ、固めないで、自由に使っちゃお♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。