● 指づかい・ポジションは、前後関係を見て用意する

o0550035713672437220

 

左手の「リズムだけ」を見ても、「それぞれの和音だけ」を見ても、そう難しい事じゃない。

初めの「シンコペーション」は、すべて同じ音だ。

その後の3つの和音は、それぞれ音の構成が変わるけれど、それら単体では、ややこしいわけではない。

しかし、問題は、この小節の終わりの8分音符の和音だ。

 

この和音を「つかんだ」ところで、安心してしまうと、両手で合わせ、二台で合わせ、軽快なリズムの通りに、それを生かして弾くのは、途端に難しくなる。

というか、合わせられない。

もちろん、一つずつを、正しく読んでつかんでいくのは、大事だ。

だけど、音楽は、1音発して終わりではない。

 

必ず、「今の音」は「次の音」に向かっていく。

「終わりの音」なら、終わりだけれど、でも、打鍵したら終わりではない、というのは同じこと。
(でも、今回は「終わりの音」の話ではありません)

だから、その一つの和音を「つかんで終わり」にしない。

 

次の和音へ、どのように動いていくのか?

というところを、見る。

 

次の音を弾くために、今の和音を、どの指づかいで弾いたら、また、どのポジションで(指や腕の位置・向き・角度などを含め)弾いたら良いか?弾きやすくなるのか?ということを、考える。

 

それを考えなしに、ただ弾く練習だけを重ねるのは、かなり、遠回り。時間の無駄です。

そのために、先生がいるんだよーもう。

 

もちろん、基本的には、それを自分で考えられるようになるよう、指導すべき。

練習過程の途中で、指づかいを変える、というのは、かなりしんどい事なのよね。

だから、なるべく、初めのうちから、考えていこうね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。