● 音程が少しでも離れたら、ココに気を付けると弾きやすくなる。

o0640028712785164790

画像の通りです。

本来、スラーが付いている通りです。

 

「れみれ どれふぁみ」….
「どれど しどみれ」….

しかし、このようにオクターブ・フレーズの場合、それまで「二度音程」=「音階」で動いていたものが、わずかに「三度音程」に開いただけで、命中率がた落ち。
(途端に、ものすごく弾きにくさを感じる。)

焦る→打鍵しきれていないうちに、次へ動いてしまう。

 

これを、さらにグループ分けしてみましょう。

つまり、二度音程で動いているところから、音程が離れるところで区切ります。

「れみれ どれ」 「ふぁみ..」

「どれど しど」 「みれ…」

 

何故分けるのか?

それは、打鍵の入り直しをするため。

方向性を変えるために、打鍵を「改める」。

ほんの少し、そこに意識的に「呼吸を入れる」。

それだけでいい。弾きやすくなりますよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。