● クレッシェンドを助けるもの






右手が高音域を弾いている時のクレッシェンド。

気持ちは右手にいきがち。
でも、高音域でのクレッシェンドは、なかなかキビシいの。

そんな時でも、左手が低音域でオクターブの動き、
しかも音階進行がある時は、ポイントです。ラッキー♪

その「音階進行の動き」を、聴かせてあげるように弾くと、クレッシェンド効果抜群です。

もちろん、いつも同じように弾いてしまうと、クレッシェンドしているのか、ただのフォルテなのか、聴いていてわかりません。

だから、段階/レイヤーを付けて、幅をつけていきましょうね♪

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。