● クレッシェンドを助けるもの






右手が高音域を弾いている時のクレッシェンド。

気持ちは右手にいきがち。
でも、高音域でのクレッシェンドは、なかなかキビシいの。

そんな時でも、左手が低音域でオクターブの動き、
しかも音階進行がある時は、ポイントです。ラッキー♪

その「音階進行の動き」を、聴かせてあげるように弾くと、クレッシェンド効果抜群です。

もちろん、いつも同じように弾いてしまうと、クレッシェンドしているのか、ただのフォルテなのか、聴いていてわかりません。

だから、段階/レイヤーを付けて、幅をつけていきましょうね♪

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!