● 速いフレーズは、ノリどころを作るとイイ

o0550015613708798809

 

16分音符で音階が続くフレーズや、アルペジオのフレーズは、
無意識のうちに、走りやすい。

もう一方の手で、拍を刻む音が入る場合は、まだ良い。

でも、片手だけで奏でる時や、両手で同じように動く時は、拍意識が低下しやすい。

もちろん、人によって違います。

走りやすい人も、いつも必ず走るとは限らない。
もちろん、いつも走る人も、いる。

もしも、あなたが「なんかブレてる気がする」「なんか走ってる?」と感じたら、

どこかに「ノリどころ」を作ってみましょう。

お読み下さり、ありがとうございます。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)