● もし、そこに装飾音がなかったら? の「間」を、味わう

o0550068113710998790

 

「れーーミレドレふぁーみれ」

装飾音を入れるタイミングや、そのニュアンスは、人により、千差万別でしょう。

感じて欲しいな、と思うのは、

「もし、そこに装飾音がなかったら?」

という事。

もし「ミレドレ」という装飾音がなかったら、「レーー」って、2拍伸びますよね。2分音符ですから。

その「2拍分」を、きっちり、しっかり、最後まで、感じて欲しい。聴き届けて、味わって欲しいのです。

装飾音は、その「レーー」の響きが伸びている「中で」、紡がれます。

装飾音は、「装飾」している音です。

お飾りでしょ?メインは、「レーーファミ・・」です。

きっと、あなたの中で、素敵に融合させる事が出来るでしょう。

響きを聴く、とか、

音のしっぽまで聴き届ける、などと言ったりしますが、

是非、しっかり、聴き届けて欲しいです。

簡単なようで、そんなに簡単な事じゃない、意識の問題です。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)