● バランスが悪いと感じたら、歌いたい所を歌ってみる

o0550022413716511883

 

上の画像と、

o0550027613716511885

こちらじゃ、作曲家さんは違いますし、年代も違いますよ。

古典派とロマン派。

(1枚目はベートーヴェン作曲「悲愴ソナタ」第二楽章、

 2枚目は、ショパン作曲「別れの曲」です。)

でも、何だかとってもよく似ていると思いませんか?

どっちも、悲しい曲だって?

  う・・・そうね。

弾く上で、意識する事が、同じ。

「なんか、イマイチだな〜」という演奏になっている、と気づく場合、

バランスが良くないコトが多いと思います。

本当は、ソプラノのラインを聴かせたいのに、内声の16分音符が「どーたーばーたー」と、五月蝿く出ちゃうの、これが。困ったものです。ぷんぷん。

って、言っていてもねぇ・・・変わらないよね。

じゃ、どうしたらいいのよ〜!

内声は鈍い「1」の指も使うから、コントロールするの、難しいのん!!!

じゃあね、歌ってみましょ♪

あなたは、どこを歌いたいの?どこの歌を聴かせたいの?

どこが「歌」だと思ってるの?

あなたが「ここが歌♪」と思うところを、ぜひ、あなた自身が歌ってみましょう。

あなたが歌う事で、あなたの脳は、指令を送れますよ。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。