● 和音の動きは、先にポジションをとる

o0550030713731324033

 

こんな動きは、和音一つずつ、掴みに行かないで、

赤丸したように、

 

和音二つずつを、合わせて一度に一つの和音として掴めるように、しましょう。

そうすると、効率がいいのです。

 

もっと言えば、右手が弾き始める時に、左手も二つの和音を同時に掴めるように、ポジションの用意が出来ていると、良い。

 

試しに、それらの和音を、二つずつ(右手も左手も、4音まとめて)掴んで、同時に鳴らして動いてご覧。

ハーモニーの動き方が、わかりますよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。