● 突然音が飛ぶ時の、捉え方

o0550036413744225733

 

画像の右手です。

オクターブで、「ファソラシラソ ファレー」と、なっています。

 

「ファソラシラソ」から、7度上の「ファ」に飛びます。

しかも、16分音符。
なんだかヤバイ感じがします。

まぁ、命中しにくいこと!

 

「急いで飛ばなきゃ!」と思うと、余計、腕がガチガチになって、コントロール不可に。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

こんな時は、捉え方を変えるだけで、随分と弾きやすくなりますよ。

 

まず、1つ目。

「・ファソラシラソファレー」という動きだということを、一度放り投げる。

実はこれは、

「・ファソラシラソ」で、それから改めて「ファレー」がある。

二つのグループに分かれているんだ!

   と、激しく思い込む(自分に言い聞かせる)。

 

このように、二つのグループに分けるメリットは?

それは、「同じ方向へ動くもの」で分けると、弾きやすいという事。

腕が、あっち(高い方)へ行ったり、こっち(低い方)へ行ったりを、やみくもに続けていると、力が溜まってしまうから、しんどくなる。

それを、払拭できます。

 

 

そして、もう一つ、加えます。

「ファソラシラソ」「ファレー」と分けるのは、同じ。

だけど、「ファソラシラソ」のオクターブは、上の音の指を意識します。

 

「ファソラシラソ」の「ソ」から、次の7度上の「ファ」のオクターブへ飛ぶ時、その「ファ」のオクターブは、「下の音の指」を意識するの。

そうしたら、「7度飛ぶ」というより、「ソ=5の指」から「2度下のファ」に、「1の指を寄せる」

そういう意識です。

 

ほら、難しい跳躍じゃ、なくなりますよね。

捉え方、意識の問題です。
考え方一つで、難しいものが、難しくなくなります。

 

ぜひ、試してみてくださいね〜♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。
 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。