● 分散和音を弾きやすくする方法

o0550055313749892956

 

こんな左手。

一つ目は「レシレ」、二つ目は「レドミ」。

オクターブは超えないけれど、このような分散和音が続くと、だんだん手がしんどくなってきませんか?

窮屈さを感じたり、しませんか?

そんな時、あなたは「どんな弾き方」をしているでしょうか?

o0550041613749892953

このように、なっていませんか?

「てのひら」を、突っ張るように広げて、その「てのひら」が、鍵盤の上を這うように、なぞるように動いていませんか?

  苦しいですよね

じゃ、こうしてみましょうか?

o0550041513749892950

それまでの逆です。

一つ目の「レシレ」で言うと・・・

第1音の「レ」(5の指)を打鍵すると同時に、手首から上がります。

次の「シ」に向かって、上へ上右へと弧を描くように。

そして「シ」を打鍵したら、そのまま右斜め下の「レ」へ緩やかに着地する。

方法が逆です。

腕を、前(鍵盤の向こう)へ「差し出す」感覚です。

ぜひ、お試しくださいね。

お読み下さり、ありがとうございました。
 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)