● 同じ音が続く時は、指先に耳を!

o0550040613751122359

 

どんな曲の、どんなフレーズでも気をつけたいのが、

同じ音が続く時

※ そこに「スタッカート」が付いていない場合です。

同じ鍵盤を打鍵するから、指を上げないと鍵盤が上がらないでしょうか?

うん、確かに。

では、鍵盤をどこまで上げたら、打鍵し直す事が出来るだろう?

鍵盤を、きちんと上げきった状態?

それとも、少しだけ沈んでいる(上がりきっていない)状態でもOK?

鍵盤に触れている指先は、一度、鍵盤から離すべき?
触れたままでもいい?

そんな事を、いろいろ試してみましょ。

どんな弾き方が、どんな微妙な違いが、そのフレーズに相応しいのか?

それを判断するのは、「あなたの耳」です。

まるで「指先に耳」があるかのように、聴いてみましょう。

「聴く耳」も、作られていくものです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)