● 音域移動は、前もって「素早く」用意する

o0550056413753257117

 

今日は、画像の右手のお話。

「・ファソ ソファソ ソファソ ソファソ」

と、音域を移動していきますね。

初めの「ファソ」は、多分に「2→1」の指使いにするでしょうか。

そして次の1オクターブ上の「ソファソ」の指使いは、その次がまた1オクターブ上がることを考慮して、「5→2(もしくは3か4)→1」となります。

「・ファソ」を弾いているところ。

o0550041413753257099

この「ソ」を「1」の指で弾いてから、よいしょっと、次の1オクターブ上の「ソ」に、手を開いて「5」の指を持っていくのでは、遅い。

賭けに出ているようなもの。命中率は一か八か。

だから、「ファソ」の「ファ」を弾いた時に、もう「てのひら」は、「伸びるでー!」が出来る状態に。(てのひらの筋肉が「今から伸びまっせ〜〜!」と、ワクワクして狙ってる感じ♪)

そして「ファソ」の「ソ」を「1」の指で弾くと同時に、もう「てのひら」は「一瞬で伸びる運動」をしていて、

o0550041613753257093

こうなっている、という塩梅です。

これは、音域移動(跳躍含め)に限らない事です。

次の音への準備は、そこに来てからではなく、「その前に」しておく。

ちょっと頭の片隅にでも、引っ掛けておいて下さいね。

今回の使用楽譜は、こちらです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)