● 頑張る頑張らない、手前か奥か?真逆をいく

o0550034613754812743

 

右手も左手も、それぞれ二声あります。

右手は上声がメロディ。
下(内)声はハーモニーを成す伴奏。

しかし、その開きがオクターブに及ぶため、手はつい、一生懸命開いて、鍵盤に這いつくばるようになってしまいます。

o0550041613754812739

まるで、鍵盤に「しがみついて」いるようです。
すると、一生懸命な、こんな感じ。

 

では、その真逆をいってみましょうか。

一生懸命「頑張らない」、しがみつかない、手(腕)を手前に引っ張らない。

o0550041513754812736

打鍵は「下へ」と思わず。
鍵盤に触れたら「向こう(奥)へ」いく感覚で。

音でどこまで伝わるか、わからないのですが、是非、お試し下さい。

真逆のやり方をすると、今までと何が違うのか?

腕の状態はどう変化するか?(ラクになるのかツラくなるのか?)

音のバランスはどう変化するか?

音色は変化するのか?

  レッスンでは・・・

「自分でこんな音が出せるなんて!!!」

と、ものすごく喜んで頂けて、私もとっても嬉しかったのです。

いつも、ありがとうございます♪


講座「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」


ベルギー在住チェンバリストでピアニストの末次克史氏による、
チェンバロとピアノを使った講座を開催します!

12月17日(土)13時から松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて。

事前ご予約、承っております!

 
 
お読み下さり、ありがとうございました。
 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)