● 音の動きの通りに歌う

o0550035213755687539

 

例えば、この次に向かって行く時。

「向かって行くのだー!」

という、クレッシェンドのような気持ちで弾いていた、とします。

こんな時が、ちょっと注意です。

 

「目標に向かって、撃てーーー!」

って、攻撃的になりやすい。
軍隊的と言うか、1コ(1音)ずつ、真面目になっちゃうのん。

じゃあ、そんな状況(次に向かっていきながら)でも、「歌う」には、どうしたらいいか?

 

それは、音の動きの波の通りに歌うこと。

これが一番 自然だもの。

じゃ、どうするのか?

 

音の動きの通りに、グルーピングするのです。

「シドレ ドソシ ラミファ ソ」を、

「シドレド」「ソシラ」「ミファソ」と、分ける。

決してそこで「切る」のでは、ありません。

歌う上での、捉え方のお話です。

 

そして、打鍵もこのグルーピングに合わせて腕を柔らかく回転させながら。

「指先で弾く」と言うよりは、「脇の下」や「背筋」で弾くような感覚でね♪

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。