● イメージの持ち方

o0550032813763317587

 

 

このリズムにスタッカート。

軽く飛び跳ねるようなダンス。

 

「なんか、お相撲さんの踊りみたいになってるよ!
お相撲さんじゃなくてね、◯◯ちゃんのような、
小さくて軽い子の踊りにしようね!」

 

と言うと、大抵は爆笑される。

 

掴みはOK! じゃなくてね、
じゃあ どうすれば軽く弾けるのか?

 

腕や肩に触れて、軽い打鍵をする時の感覚を感じてもらうのも、一つの方法ですが、

本人に、イメージしてもらう。
それも、出来るだけ細かく描写する。

 

女の子が踊っているなら、

・何歳くらいの子?
・髪の毛は何色?
・髪の毛は長い?短い?
・どんな洋服を着ているの?
・洋服は何色?
・どんな所で踊っているの?
・一人で?誰かいる?

…..

 

そして、自分で感じたコトは、自分で楽譜に書き込む。

先生に書いてもらったコトって、目に入らないし、記憶に残らない。

自分から(率先して)感じたこと、やった(やれた)コトは、身になる。

 

さぁ、うんと感じてイメージしよう!!!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

 


◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。