● 縦ではなく横(前)への動きにするために

o0550015713762620533

 

ドソミレ ドミドシ ラシドラ

「拍」は大事です。

拍を感じるコト、拍にのるコトは大事。

だけど、杓子定規の拍にのるだけだと?

縦の動きになってしまう。

それは悪いわけじゃ、ない。

ただ、縦の動きだけを感じていると、ちょっと機械的にならないかしら?

音楽は、動いていくもの。

その動き方は色々だけれど、
上下の動きにしろ、回転にしろ、前へ・横への動きにしても、「動き」を感じていたい。

それがたとえ「伸ばす音」でも、その「響き」が動いて行くのを、感じ続けたい。

一つの方法として、

「ド」「ソミレド」「ミドシラ」「シドラシ」…

と捉える事が、出来ます。

あなたは、どんな方法が考えられるでしょうか?

 

 

 


 

講座「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」


ベルギー在住チェンバリストでピアニストの末次克史氏による、
チェンバロとピアノを使った講座を開催します!

12月17日(土)13時から松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて。

詳細は、こちらのページをご覧下さい

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)