● タイを含むフレーズは、タイの音を意識する

o0550024813766028325

 

 

この右手のように、各拍の終わりから次の拍へ「タイ」で音が繋がれている場合。

左手はずっと8分音符で動いているので、右手は左手に「合わせればいいや〜♪」

 って思ってませんか?

まぁ、リズムとしては間違いではないけれど。

 それでは、「歌」はどこへ行ってしまうのだろう???

どんな歌なんだろう?

そこに「タイ」がある意味は、何だろう?

なぜ、「タイ」があるんだろう?

じゃ、「タイ」を外してみようか。

うん、そうなの。「タイ」が付いている時の練習方法でイチオシ!なのは、

「タイを取り払って弾いてみること」  なのです。

そうして、「タイ」が付いた時に、そこでは発音されないその音の響きを、感じて’欲しいのです。

だって、そこで発音(打鍵)しなくても、響きはあるでしょう?

それなのに、打鍵した時しか、響きを聴こうとしないのは、なあぜえ???

「タイの音を意識する」とは、そういう事です。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


161217flyer2ameblo
 
 
ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
 
 
12月17日(土)開催。
 
ご予約受付中。