● 音の方向を、自然に捉える

o0550031013769552356

 

左手やわ〜。

左手で速い音符のフレーズって、めっさ弾きにくいねん!!!

です。

 

しかも、「1→4→3→2→1・・・」っていう動き。

弱い「4」の指を使うわけだし。

そう。「どそらし どそらし どそらし・・・」って思ってるから、弾きにくい。

弾きづらい。

まぁ、そりゃ、「どそらし どそらし どそらし・・・」っていう単位で32分音符で括られてますからね。

 

だけど、捉え方はちょっと違うの。

 

「ど」「そらしど」「そらしど」「そらしど」・・・・

って、捉えて弾いてみてご覧。

 

「1」の指から「4」の指へ移ったのに、またそこから「3 2」と、「1」の指に向かって戻ってくる、「回転の動き」と捉えるよりも、

「そらしど」「そらしど」=「4321」「4321」という、「一方向への動き」と捉える方が、音の動きとしても、指の動きとしても、自然です。

 

意識の仕方一つで、何でも、「ツラい」は「ラクかも?」に、変わりますよ♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。