● フレーズの変わり目は、ニュアンスの間

o0550030113772031781

 

1小節ごと、一つのフレーズになっています。

1小節ごとに、歌の音域が変わっています。

画像の1段目、小節線の所に、を付けているのがわかるでしょうか?

 

もし、あなたが誰かと会話しているなら、どんな感じでしょう?

 

例えば、1小節目は、あなたは右側にいる女性に話をします。

2小節目は、そのまた右側にいる女性に話をします。

3小節目は、あなたの左側にいる男性に話をします。

そんな場合、お話をする相手を変える時の「間合い」、「呼吸の間」があるでしょう?

 

例えば、1小節目は、あなたの隣のお嬢さんが話を切り出しました。

2小節目は、そのお嬢さんのお話に応えて、あなたが話をします。

3小節目は、それに頷くように、あなたの向かい側に座っている男性が話をします。

 

そんな、「ニュアンス」。

 

o0550041513772031779

ニュアンスは、色合いや、音の調子(トーン)や、空気感や、感情の動き(微妙な揺れ方)などを表しますね。

ほんのちょっとの「タイミング」、その差。

そんなものを表したい。

 

まるでキーボードを打っているような、まるで機械が動いているような、そんな感じとは、違うよね?

その違いを、感じて、体で感じて、心の中を聞いて、素直に表してみようか。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。
 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。