● アクセント音の打鍵は、押さない

o0550028613775391178

 

画像の左手です。
8分音符の和音が続きますが、一つおきに「アクセント」が付いていますね。

すると、「アクセント音」と、その「次の音」とをセット(1グループ)として捉えた打鍵をします。

感じとしては、2音間に付いているスラーのような感じです。

「2音間に付いているスラー」の場合、1音目で「手指を落とし」、2音目で「それを上げる」という、「上下の一つの動き」になります。

ここで気をつけたいことが、一つあります。

それは、「落とした手指」の動きをどうするか?   です。

落としたまま、鍵盤を「押しつけ」てしまうと、
「押したまま」にしてしまうと・・・

音は硬くなってしまいます。

その時の手は、こんな状態でしょう。

o0550041413775391176

わかりますか?手首・下腕から、落ちています。
落ちるのは、「動きの一過程」としては問題ないのですが、
問題になるのは、この状態のままになってしまうことです。

じゃあ、どうなったらいいの?

o0550041513775391174

上の(2枚目の画像の動き)を経て、このように、「手首から手全体が上がる/上がっていく」事です。

それが、望ましい。

何故なら。

手が落ちてしまえば、音は、落ちる  からです。

音を持ち上げる、方法と、タイミングが、あります。

それを、知ってほしい。

探ってほしい。

探ろうと、して欲しいです。

いつも、ありがとうございます!


161217flyer2ameblo

ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」講座

12月17日(土)開催。ご予約受付中。

ご予約は、荒井までメールをお寄せ下さいね。


お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)