● スラーとスタッカートの組み合わせを、楽しむ

o0665042812739346788

 

両手共にスタッカートだと、軽快に弾くのは難しくない。

ところが、ひとたび右手にスラーが入ると、
無意識のうちに左手もつられてしまう。

 

スタッカートでなくなってしまうのは、ありがち。

危険信号です。

手は動きは、逆になるから。

右手は「ステイ」で、左手は「ジャンプ」。

 

o0659043712739346787

この右手は、気を付けたいね。

全てをレガートで弾いてしまったり、
全てをスタッカートにしてしまいがち。

 

ほら、始めのところ、スラーが付いているよ!

  と言うと、「あ!そうだね!」 と、気づいて直す。

エラいエラい!

 

だけど、もうちょっと気を付けたいコトがある。

 

「2音間に付いているスラー」というのは、

1音目で手を落し、2音目で上げる。

つまり、スラーの切れ目である2音目と、
次にスタッカートが付いている3音目は

  「つながらない」。

ドリブルやヨーヨーをやる感覚でね♪

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク