● スラーとスタッカートの組み合わせを、楽しむ

o0665042812739346788

 

両手共にスタッカートだと、軽快に弾くのは難しくない。

ところが、ひとたび右手にスラーが入ると、
無意識のうちに左手もつられてしまう。

スタッカートでなくなってしまうのは、ありがち。

危険信号です。

手は動きは、逆になるから。

右手は「ステイ」で、左手は「ジャンプ」。

o0659043712739346787

この右手は、気を付けたいね。

全てをレガートで弾いてしまったり、
全てをスタッカートにしてしまいがち。

ほら、始めのところ、スラーが付いているよ!

  と言うと、「あ!そうだね!」 と、気づいて直す。

エラいエラい!

 

だけど、もうちょっと気を付けたいコトがある。

「2音間に付いているスラー」というのは、

1音目で手を落し、2音目で上げる。

つまり、スラーの切れ目である2音目と、
次にスタッカートが付いている3音目は

  「つながらない」。

ドリブルやヨーヨーをやる感覚でね♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


161217flyer2ameblo
 
 
ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
 
 
12月17日(土)開催。
 
ご予約受付中。