● 同じ音でスタッカートが続く時

 

スラー付きの、レガートな動きの後に、

こんな風に、同じ音のスタカートが続きます。

もし、そこにスタッカートがなかったとしたら?

 

同じ音を続けて弾く時、それを「極めてレガートで弾く」

というのは、神経を使うことですね。

だから、ノン・レガートで弾くのは、容易いコト。

 

それなのに、わざわざ「スタッカート」が付いているの。

ちゃんと、切って。

ちゃんと、打鍵し直して。

ちゃんと、その次の音(付点2分音符)に向かって行って!

というコト。

 

楽譜は語る。実に多くを語っていますよ。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。