● フレーズを綺麗に伝えるために、頭を離そう!

o0550022813793890273

 

右手の「付点2分音符」の動きが、美しい歌。

この画像の前の小節の「4分音符のレ」から、歌は始まります。

綺麗な歌なのだけれど、気を付けたいコトがあるの。

それはね、その「付点2分音符」を打鍵するたび、

ペダルも踏み替えるから、

無意識のうちに、頭から体が前へ行きやすいの。

本当に無意識なのだけれど、そうなってしまうと、

弾みがついて、その付点2分音符の打鍵のたびに、

音が「分断」されてしまうの。

つまり、「フレーズ」ではなく、「単音」になってしまうのね。

じゃ、どうしたらいいの?

「頭」です。

「頭」が前に来ないように。

鍵盤を凝視しなくても、弾けるよね。

ここは、すごい跳躍があるわけじゃないので、
ポジションを取れば、腕の回転を使えば、弾けます。

マッサージ・チェアでね、首の後ろまで、
マッサージのコリコリのが上がってきて、

首の後ろをグリグリされたら、

ゴワーーー!
 気持ちよすぎるわーーー!!!

な、状態です。想像して♪

o0550030113793890264

この右手のオクターブ・フレーズも、同じです。

1音ずつ、頭で弾きに行かないように。

1音目の「ラー」は、次の「ラー」に、向かっていく。

「シードー」は、その次の「ミーー」に、向かっていく。

そして、「レードー」と、収まりを見せる。

「ラー」「ラー」「シー」「ドー」「ミー イー」「レー」「ドー」

じゃ、ないよね♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


161217flyer2ameblo
 
 
ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
 
「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」講座
 
12月17日(土)開催。
 
ご予約受付中。
 

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。