● 速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にする

 

最後を、ガツン!と決められたらカッコイイ曲、

ありますよね。

 

ガツン!とカッコ良く決めるつもりが、

あ〜ぁ。。。滑っちゃった・・・  とか

あ〜ぁ。。。外しちゃった・・・  とか

  悲しい結果になっちゃう事も。

 

それを回避しつつ、カッコ良く決めるには、

どうしたら いいのだろう???

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

そもそも上の画像の場合は、音が並んでいる単純な音階のようでいて、

右手も左手も5指ずつしか、ないのに、6音続く、という事が、難点。

何を慌てる事があるでしょうか?

 

「ドーーシラソファ」を、どんな指使いで取るかは、人それぞれ。

画像に書かれている指使いも、1種類ではありませんが。

 

私は右手は「5–4321」と取り、

左手は「1–2345」と、取ります。

一息に弾くのです。

 

しかし、最後の音を弾く時は、

打鍵のほんの一瞬前に、その音の鍵盤上に、

「打鍵するぞ!」の用意(ポジショニング)が
出来ている状態にしておきます。

 

コンマ○秒とか、数えられない、ほんのちょっとの間です。

それは、聴いたら「間」としては聴こえないかもしれないくらいの、「間」です。

 

しかし、確実に打鍵できます。

 

だから、速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にするのです。

お約束ですよ。

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。