● 音価の違う音になった時の数え方に、気をつける

 

16分音符フレーズから8分音符や4分音符、

8分3連音符フレーズから連符ではない普通の8分音符など、

音価の違う動きになった時、拍感が一気に崩れ、

おかしな事になりやすい。

 

これは、誰もがそうだというわけではなく、

そうなりやすい人は、どんな曲でもどんなフレーズでも陥りやすく、

そうならない人は、どんな曲でも、そんな事には、ならない。

 

例えば、8分3連音符フレーズと16分音符、

つまり「3対4」の合わせ方が(代表例は「幻想即興曲」)、

感覚的にパッとつかめて弾けてしまう人と、

考えても考えても、なかなか合わせられない人がいるのと同じ。

 

だけど、「3対4」の合わせ方に比べ、

この画像のような場合は、1拍の長さは変わらないのだから、

どうしてもわからなかったら、メトロノームに合わせてみればいい。

 

それまで、3連符で動いていたのだから、

1拍=4分音符=8分3連符(三つ)なので、

画像に書き込みがあるように数えてみても、いいでしょう。

 

何事においても共通するけれど、

ん?おかしいな?と思ったり、

注意されたなら、

その部分を、練習で適当に流さないこと。

 

適当にやって上手になる(矯正される)事は、ないのだから、ね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。