● アルペジオをラクに弾くコツ

o0550038113801020495

 

こんな左手のアルペジオ・フレーズ。

なんか苦しい

なんか弾きにくい

なんか、うまくはまらない

なんか、爪、危険!て感じる時がある
(爪先が鍵盤の溝に引っかかりそうになる 気がする)

それはね、こんな風に弾いてるからよ。

o0550041413801020502

わかる?

手を広げて、ペタ〜っと「てのひら」を、鍵盤に這わせるようにしてるでしょ?

手前で弾くのを、やめてみたら?

逆をいってみましょ。

1音目の打鍵から、手首を向こう側へ

1音ずつ、しっかりはっきり「弾く」(下に落ちる)意識を取り払って、

向こう側へ抜いていく感覚で。

これが1音目。

o0550041513801020507

 

 

 

そして、これが2音目。

o0550041413801020513

 

 

そして、これが3音目。

o0550041513801020516

 

わ〜〜!わ〜〜〜!

すごい!ものすごく弾きやすくなりました!

こんな弾き方が、あるんですね!

わわわわーーー!!!

出てくる音も、全然違いますね!

わーすごい!!!

って、すごーくテンション上がって、

「ラクだ!」と体感して頂けて、良かった♪

執着、こだわり、

こうあるべき!こうだ!

という思い込みを、手放そう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。