● 伸びて行く音を聴き続けるために

 

画像の、ソプラノの「ドーーーー」です。

 

2分音符がタイになっています。

この次の小節まで続きますね。

 

しかし、大抵、このように長く伸びる音は、

打鍵と同時に、その存在を忘れられてしまいます。

 

何故なら、他に動きのある声部があるから。

そちらに気をとられてしまうから。

 

でも、「伸びて行く音」には、「伸びる意味」がある。

 

何故、伸びているのか?

 

ピアノは、打鍵すると音はどんどん減衰していきますね。

だから、弾き手が、ものすごく意識していないとね。

打鍵する前から、その伸び行く音に意識を向けておく必要が、あります。

 

つまり、Pre-Listen

打鍵する前に、その音を聴く    です。

 

えー?打鍵する前に聴くってどういうこと?

打鍵してないんだから、聴こえないジャーン!?

と、思うでしょうか。

 

それはもちろん、実際には、聞こえません。

あなたの頭の中で、鳴らすのです。

 

欲しい音色を、欲しい響きを、もって想像する

するとね、その欲しい音・欲しい響きに必要な、打鍵への動きをします。

するようになります。

 

尚且つ、本当に事前に想像して聴けていたら、打鍵後も、その響きを聴き続ける=追い続ける事が出来るようになります。

 

難しいかもしれないけど、意識一つ、どこに向けるか?という違いです。

是非、強く意識してみて下さいね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。