● 綺麗に音を響かせるペダルの使い方

 

ペダルは、踏み方一つで綺麗にも響けば、汚く濁ってしまう事もあります。

ペダルの踏み方も、1種類ではありません。

ペダルにも、細かなニュアンスが必要になる。

だから、「ペダルは耳で踏む」などと言われます。

さて、画像の場合。

どちらの小節でも、第1拍でペダルを入れます。

しかし、問題は、その「入れ方(踏み方)」です。

打鍵と同時に踏むのも、悪くない。

そう、「悪くは、ない」。

でもね、もっと綺麗に響かせる事が出来ます。

それは、打鍵した後、少し後にペダルを踏む事です。

ペダルを踏まない「素の美しい音」を、まず響かせます(聴きます)。

そうしてから、静かにペダルを踏みます。

決して、ペダルに足(靴)が当たる音を出さないように、

勢いよく踏むと、ペダルが「ボッコン!」と音を発するので、気をつけましょ。

綺麗?綺麗に響いてる?

って、よく聴いてね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。