● 明るく音を動かしたいなら

o0550030313804173062

 

 

ニ長調なので、悩みなんか、な〜い♪

  って、アッけらか〜んと明るい感じ。

が、するはずなのだけれど、

これが何だか明るさに陰りが感じられたり、

何だか重かったりするなら、

もう一度、打鍵する時の腕の動きをチェックしてみましょう。

気をつけたいのは、4分音符です。

画像で言うと、1〜2小節目の、それぞれ第1拍です。

どちらもね、打鍵は、腕の内側から外側に向かってする。

音に陰りが出てしまったり、伸びがなかったりする時は、

打鍵と同時に、手が落ちています。

  手が「落ちたまま」になっています。

だから、打鍵は、腕の内側から外側に向けて、伸びやかに。

ここを意識すると、実際に鍵盤に触れて打鍵する指は、

打鍵後に、腕の内側から外側へ、という動きに連動して「てのひら」の中央が膨らみ、手首が上がり、つまり手の甲が上がり、

指は、しなやかに立ち上がっていきます。

こうすると、音は立ち上がり、

響きは舞い上がっていき、

明るさが放たれていきます。

何か心当たりがあるようでしたら、

是非、あなたの腕の動きをチェックしてみて下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


161217flyer2ameblo
 
 
ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
 
 
12月17日(土)開催。
 
ご予約受付中。